ベトナムで働く場合、労働条件と環境はどのようなものになっているのでしょうか。

 

まず、労働条件についてです。労働時間は、日本が1日8時間1週間40時間なのに対して、ベトナムは1日8時間1週間48時間です。休憩時間は、日本が連続6時間を超えて労働する場合には45分以上、8時間を超える場合には60分以上となっているのに対し、ベトナムは、8時間以上勤務した場合に少なくとも30分の休憩、夜勤の場合は少なくとも45分となっています。休日が週1日以上ということは共通していて、時間外労働の場合、日本は1、25倍の割増賃金なのに対し、ベトナムは150%、週休日や祭日の場合は200%です。

 

こうやって見ると労働時間はベトナムのほうが少し長いですが、割増賃金も高いです。また、年次有給休暇は、日本では6ヶ月以上で10日以上、1年6ヶ月以上で11日以上、2年6ヶ月以上で14日以上、3年6ヶ月以上で14日以上、4年6ヶ月以上で18日以上、6年6ヶ月以上で20日以上となっています。ベトナムは12日(勤続年数5年ごとに1日付与日数が増える)となっています。

 

 次に労働環境についてです。日本人が働く場合の給与は、800〜1500USDが一般的で、さほど贅沢をしなければ十分生活できる金額です。また、若い人や経験の浅い人でも採用される可能性はありますし、英語が話せると日系企業や外資系企業の就職に有利です。興味がある方は、もっているスキルを活かしてみてはいかがでしょうか。