昨今、日本を離れ海外で活躍する女性が増えてきました。日本女性が向かう国の一つにベトナムがあります。
しかし、そこで生活をするとなれば、仕事を見つけなければなりません。

 

ベトナムでは、近年、日本語を勉強して日本の企業で働くことを希望する人が多いのですが、言葉は理解できても日本の慣習を習得するのは難しい状態です。
そこで、重要になってくるのが、日本企業で働くベトナム人に仕事をする際の流れや慣習を教える、いわゆるマネージャーの役割です。ベトナム人従業員のマネージャーというのも選択肢のひとつです

 

他には、事務職や営業職があります。また、アルバイトで日本語の家庭教師というのもあります。
しかし、ここで問題になってくるのがワークパーミットを取得しているか否です。ワークパーミットというのは、政府が発行する労働許可証のことです。ワークパーミットがないと、マネージャーにしろ事務職にしろ営業職にしろ企業で社員として働くことはできません。観光ビザでの場合は、アルバイトという形でしか就労はできません。

 

 

ワークパーミットを取得し、長期滞在で社員として企業に就職し長い目で将来を見据えるか、または観光ビザで短期滞在を希望し、アルバイトをしながらベトナムの魅力を堪能するという道。まずはどちらを選択するか熟考し、自分自身にあった生き方を見つけることが第一です。その後、社員にしてもアルバイトにしても充実したベトナムでの生活を送れれば、それがあなたにとって最適な仕事といえます。